2006年12月09日

江戸の誘惑にいく

 江戸東京博物館でしている江戸の誘惑にいってきました。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2006/1021/200610.html

 なんかここ数年、以前よりこういう展示のときに人が多い気がします。宣伝がうまくいっているのかもしれないですけど。

 さて楽しみにしていた北斎の鳳凰はやはり見事なものでした。自分が思っている鳳凰はあまり朱がないのだけれど、この鳳凰はとても赤みが強いです。

 提灯絵は図録にもしっかり収録されているんですが、やはり全体を見ることを考えると、実物を見たほうがいいように思えました。

 百鬼夜行図はまあ楽しく見れました。

 最近いつも思うんですが絵の英文字タイトルってどうにかならないのかな。なんか変な気がするんですけど。
posted by 管理人 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29295516

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。