2012年03月13日

銀ぶら

今日は銀ブラしました。
お昼は前から興味のあった からあげ食べ放題 http://yfrog.com/odr1yukj 場所は鳥どり 銀座三丁目店 (とりどり) http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13022510/

そして真の目的はこちら

沙村広明×森馨展覧会 『蹂躙史エピトマイザ』―ある幻想の娼館― http://www.vanilla-gallery.com/archives/2012/20120312.html にいってきました。今まで見た中では一番絵も人形も好きだったんだけど、セットも素晴らしかったです。

帽子が欲しくて銀座をぶらぶらと買い物してたんですが、いい物があってもサイズがないという悲劇。でかい頭がにくい。

途中で
アレクサンドル・ロトチェンコ 「彗星のごとく、ロシア・アヴァンギャルドの寵児」
http://www.tokyoartbeat.com/event/2012/5D7B
これも結構おもしろかったです。

そして各地の物産館を巡りました。物産館は高いんだけど、
大阪だけは普通使いに耐える値段な気がします。

今回は富山で前から食べたかった砺波の大門素麺を購入できました。
http://www.ja-tonamino.or.jp/product/soumen01.html
posted by 管理人 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ

2012年03月04日

「柳田國男に破門された男」の展覧会に行くこと

今日は今和次郎展採集講義 展を見てきました。
http://panasonic.co.jp/es/​museum/exhibition/12/120114/

 今和次郎さんといっても、たいていの人は? ってされる事と思​います。
 自分も帝都物語の中で登場されるので、何となく考現学の元祖で​あり、赤瀬川原平さんや妹尾河童さんの先祖みたいな位置づけでし​た。
 普通の人は見ないような処を記録して、おもしろい見方を見せて​くれる人いう感じです。


 今回、それが大いに間違いであるというか、かの人の一面しか見​てなかった事を思い知らされました。

 もっとも大きい驚きであったのは「柳田國男に破門された男」と​いうキャッチフレーズでした。はて、そのような人であったろうか​ということです。
 若かりし今和次郎さんは柳田國男先生に誘われ、一緒に地方を回​ります。この際に多くのスケッチを描き、『日本の民家』として発​表されます。この前後に農政調査の依頼を受けてしまい、民俗学と​泰斗である先生と距離が開きます。
(I)農村調査・民家研究の仕事の辺り

 そして関東大震災が起こる中で、様々な大震災のバラックの記録​を残します。その中で、芽生える人々の希望に花を添えるようにバ​ラック装飾社を作ります。
 それが考現学の先魁となりました。
 だが、それは柳田國男から破門をされるという結果を生むのです​。 
(II)関東大震災―都市の崩壊と再生の辺り

 今回聞いた 「柳田國男に破門された男」の流れとなります。
 
 その後のデザイナーや建築家として活躍し、より実学の人になっ​ていく様子が続いての展示、
(III)建築家、デザイナーとして​の活動で見ることができます。




 まあ、興味を持たれたら、ちょっとHPだけでも覗いていただけ​ればと思います。
posted by 管理人 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。