2012年01月16日

土鍋炊飯

 最近炊飯器が使えないのです。。
 新しい炊飯器は台湾のが欲しいので旅行に行く人に頼んだので、それまでは土鍋で押し切ることにしました。


 今まで何度となく土鍋で炊飯したのですが、結局。これがいいという量と、時間が分かったのでまとめておきます。


気づいた事
1 量は二合まで。
  それ以上入りそうに見えるんですが意外と膨らむので止めた方がいいです。

2 吸水はいらない
  ネットで見たり、聞いたりしているのと違うと思ったのは、まず吸水。米にはしっかり吸水させるといいますが、蒸らしがちゃんとしていれば気にならないことに気づきました。炊き込みご飯などにして、お酒と共に楽しみたい場合はむしろしない方がちょっと堅くておいしいです。


やり方
1 米二合を入れる
2 水は土鍋のへりまで入れる
3 蓋をする 
ここで水が多いと蓋より上にくるのでそしたら少し減らしてください
4 中火で蒸気がでてくるまで熱くする
強火でもいいのですが、土鍋が火を弱くすると一気に放熱して煮こぼれる場合があるので
5 湯気が出始めたら弱火にして五分待つ
6 五分たったら火を消し、10分〜15分蒸らす

 これでおいしく炊けます。
 皆さんもレッツチャレンジ
posted by 管理人 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごはんとかおかしとか

2012年01月08日

いつかどこかの味

どこか一店だけ、ご飯の店を紹介してといわれたら、みじんこ洞さんを選ぶ。

 http://mijincodou.jimdo.com/

 このお店は数え切れないくらいいっているのだけれど、すごいところは今のところどれもおいしい。高いとか珍しい材料を使っているわけではなくて、どちらかといえば平凡なありきたりの食材だ。正直、料理は素材が大きいところもあるので、いい材料のものなら、塩だけで十分だ。しかし、ここで出るものは多くの家庭にあるものだ。
 そう、ここのおいしいのは腕前の問題なのだ。それも、シェフでしたとかではなくて、お母さんの家庭の味っぽい。
 
 自分は料理は実験のような感じ。これとこれを組み合わせればこうなるというのはおおよそ分かる。野菜炒めするときに、水をしっかり切るか、切らないかだけで随分と味が変わる。多分そうした注意というか、一手間を惜しんでないんだろうなという気がする。

 母が料理不得手なので、外で買ったおかずやが基本の家庭の味。自分の料理もその延長というか劣化なんだよね。そういう意味で、ここは記憶に存在しないはずの美味しく懐かしい家庭料理の味なのです
posted by 管理人 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごはんとかおかしとか

2012年01月04日

fukubookあるいは本福 ビブリオバトルの亜種として

 ビブリオバトルというのがあります。
http://www.bibliobattle.jp/

1.お気に入りの本を持って集まる!
2.順番に一人5分で紹介する!(+2〜3分のディスカッション)
3.「どの本を一番読みたくなったか?」で投票を行い チャンプ本 を決める!


 楽しいんですが、日本人は討論とか、あまり好きくない。会議でも根回し重要だし。ということで、しにくいかなと思っていたので、考えたんです。

1.各自が好きな本の入った袋を持ってくる。
2.所定の場所に置く
3.じゃんけんや、早いもの順などで、本をとっていく
4.開く。んで持ってきた人がその本についてスピーチ
5.質問とか受け付ける
6.本を嫁に出す小芝居
7.どの本が良かったかを決める

 やっていることはたいして変わりはないのです。勝ち負けではなく、贈り物と相互理解の遊びとしての心ということで
 
posted by 管理人 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム

簡易ゴチバトル

各自がメニューから選ぶとかすると、作る自分が大変なので、ただ材料の値段だけをあてて貰う方式で。

1 最初に値段を書く用紙を配る。
2 料理を出す。
3 この時点で料理の値段を推論して記入して貰う。
4 食べて貰う。料理名を発表する。
6 料理の数だけ繰り返す。(五回程度)
6 値段の合計を出して貰う。

 一番遠かった人が近かった人の会費を払う。

補足:4の段階で書き直すのは一回あり。
posted by 管理人 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごはんとかおかしとか

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。